型にこだわりすぎると「変化」についていけなくなってしまう。

手の内を明かすことを恐れない。

日本で成功したかったら、日本の悪口を言ってはいけません。

負けることをただマイナスとして否定してばかりいては進歩はない。

 

旅の荷物の移り変わり

もう先月の話ですが、上海出張に行ってきました。昨年も行ったので現地での勝手はだいたい分かっていたものの、今年は昨年とは二週間ほど遅い時期に行きました。

それで昨年は梅雨時真っ只中で雨に悩まされましたが、今年は梅雨明けの「猛暑」に苦しめられました。毎日気温が40度以上と正直なところこの二年ほど上海行きましたが良い思い出がありません。むろん、仕事なのでそんな楽しいわけもないのですが、気候が厳しいとテンションが上がりません。

基本的に上海市内は地下鉄で移動するので、地下に入れば冷房が効いているのでさほど辛くは無いものの、駅からホテル、立ち寄り先など行くときは命がけです。毎日3Lかそれ以上の水を飲んでたと思うのですが、トイレに行きたくなることがないくらいに汗をかきます。また、上海はどこも人だらけのイメージですが、暑さのせいかトイレはどこも空いてました。

さて、余談はさておき、ここ数年で海外行く機会が増えており、それなりに仕事があるということでありがたいのですが、ふと荷物を見ていると10年ほど前の旅の荷物とはガラッと様子が変わっています。

●モバイルWIFI

昨年はレンタルして持って行っていましたが、借りる手間と返す手間が面倒なので手持ちのSIMフリーのWIFIルーターに現地のSIMカード挿して使うことにしました。

基本的に中国国内のインターネット環境は日本と異なり、アクセスできるサイトに制約があって不便です。でも、出発前にチャイナモバイルの香港版SIMカードを買い、現地で設定して使えば閲覧できるサイトの制限はなくなります。

そうは言っても昔は旅先でインターネット環境を探すという作業があったり、コイン式のPCでメールチェックなどしてた時代もあり、とりあえずどこでもメールチェックやWebサイトの閲覧ができるようになったのはあの頃と比べたら夢のようです。しかも、たいていの調べ物はスマホで済むし、むろん、道案内もやってくれます。道ばたで地図と方位磁石でうろうろしていた時代がバカみたいです。
(※中国ではグーグルマップはほぼ役に立ちませんのでご注意を)

●増えるガジェット

さて、便利にはなりましたがそれに伴い、持ち歩くガジェットが増えたのも事実です。充電ケーブルの類いがほとんどですが、それに加えて充電器や現地のコンセントに変換するためのアダプター、万が一に備えてのモバイルバッテリーと持ち歩くものが増えました。基本的にバックパックで移動することを常としていますので、昔に比べるとそれだけで2Kgは重量が増えたと思います。


※左が愛用のバッグパック(31L)。これにだいたい荷物が収まります。あまりに軽装過ぎて毎回帰国時に税関の担当者に「これだけ?」と言われますw

●ノートパソコン

昔もパソコンを持ち歩くという旅のスタイルはありましたが、いかんせんバックパック一つでの移動となるとそう持ち歩けるものではありません。でも、今年から愛用しているこのASUS EeeBook X205TAは重量が1kg以下という驚異の携帯性とバッテリーの持ち時間なのでこれを持ち歩いています。ただ、正直なところ性能的には動作が遅かったり容量が少ないなど不満はありますが、メールや表計算、ネットサーフィンくらいなら辛うじて実用レベルで使えます。

しかし!私がこれを選んだ大きな理由は「ACアダプターのサイズ」なのです。

同価格帯のノートPCの中では最小(当時)だったと思います。本体性能にばかり気が行くのですが、どんなに本体が高性能、コンパクト、軽量であってもACアダプターがデカいと全く意味が無いのですよ。

ただ、これだけでも、昔は旅先でネット回線やらパソコン探していた時代からするとずいぶん便利になったもんです。

---

こうして見るとずいぶんと便利になったと今回の道中ずっと思っていました。ただ、そうは言ってもこうしたガジェットの類いはバックパックの重量増加に直結し、時間とともに身体疲労に影響するということも事実でして、そこはそろそろバックパック卒業じゃなかろうかな、とは思いました。

ちなみに、「変わらない物」があるとしたらカメラです。ずっとリコーのGRシリーズです。サイズに関してのレベルではクリアしています(※性能面で不満はあるのですが・・・。)

不満はあるものの、そもそもカメラに詳しくないのでGR以外の選択肢を知らないというか考えたことも無いのですけどね。




いつもと違う風景。

この一年半ほど前から左膝の痛みに悩んでた。

それで症状としては深く屈伸すると僅かに痛む程度の症状ながら、これがなかなかメンドクサイ。撮影の時は割と動き回る方なのだが、その都度痛む。また、日常生活に支障は無いものの、立ち上がったりするときに痛む。

いくつかの病院に行ったものの、「脂肪の塊(いわゆる脂肪腫)が左膝の半月板の上にある」という程度の診断でらちがあかない。そんな状況が一年近く経過したものの、やはりこのままだとこの先イライラしながら生きるのも不便だ。それで昨年の11月頃に関節関係で評判の病院を見つけ、そこで診察を受けた。今までの病院との違いはMRIを撮影したことだが、やはり「脂肪腫」とのこと。その後リハビリをしたものの改善されず、とりあえず脂肪腫を取る手術を受けることにした。

ただ、さすがに手術となるとそう簡単にスケジュールを空けられず、やっと2月に入って手術することができた。これで改善するかまだ定かではないものの、原因と思われる要因を一つずつ排除しなければ「次の策」が練れない(経営も一緒だと思うけど)。

それで退院後松葉杖生活となったわけである。

当然、不便を強いられるわけだが、松葉杖を使うといつもと違う風景が見えるのは確か。

●タクシーの運転手さん

病院への行き帰りはタクシーを使うしか方法が無いのだが、タクシーの運転手さんが「いつも」より優しい気がする。こちらは補助が必要なほどではないので降りてきて手伝ってもらうことは無いが、気遣ってくれる場合が多い気がする。ただ、中にはきっちり病院から自宅までのルートを説明しないとならない場合もあるわけで、そういうときは強めに言っても受け容れてもらえている気がするw

●いつも行くスーパー

いつも行くスーパーへ買い物に行ったとき。実のところ普通に歩いて3分くらいの場所にあるスーパーだが松葉杖を突いて行くとけっこう時間がかかる。店内に入ると「あれ?この人どうした?」みたいな空気が漂うのだが、会計の時などレジかごを運んでくれたりするといささか恐縮する。「サービス業だから当たり前」と思う方もいるかも知れないが、私としてはそこに対してホスピタリティーを期待していなかったものの、たいへん有り難い気持ちになった。

また、店内を行き交うお客たちも「私を避けるように」してくれるwただ、全く空気を読まないというか、松葉杖の私にショッピングカートで当たっても知らん顔してる人たちもいる。これはこれで仕方の無いことだし、こうしてみると私自身も過去にそういう無神経なことをしていたかも知れないと思うと気にはならない。それよりも、そんなことより気遣ってくれる人たちのほうがそうじゃない人たちよりも多いというのは世の中まだまだ捨てたもんじゃ無い。

●ネットスーパーを使ってみようとしたが、、、

いつも行くスーパーへわざわざ出かけるのは気分転換には良い(足には良くないw)のだが、これを機に一度ネットスーパーを使ってみようと思い調べてみた。大手のサイトに登録し、品揃えや価格を見ながら「配送料」を加味しても玄関まで運んでくれるなら許容できる条件だった。肉や魚、そして野菜など生鮮食品から冷凍食品、飲料(お酒含む♪)など、日常的にスーパーで買っているものは買える。しかも弁当やお総菜の類いまで買えるのはちょっと驚きだった。

ただ、注文しようとしたタイミングが悪かったのか、「生鮮食品」を買いたいのにも関わらず、配送日が最速で2日後の午前中だった。

要するに日曜日に欲しいので頼もうと思った商品の配送日時が火曜日の午前中だった、ということ。

「生鮮食品」の配送日が2日後の午前中というのは実用的では無い、、、、。

「当日配送」ならば・・・、と思うもこれに関しては私の事前調査というか準備不足感が否めない。

ただ、行く手間、並ぶ手間などを考えるとネットスーパーもアリかもな、と、いつもなら気付かないことに気付いた。

---

これを書いているのが2/7(日)。

恐らくあと数日で松葉杖生活も終わるはずなのだが、生まれて初めて松葉杖生活をしてみて、手術やら入院などけっこうキツかったのだけど、その一方、客観的にいつもと違う風景を楽しんでいる。




十数年ぶりにノートカバーを新調したはなし。

ここのところバタバタし過ぎていて、ふと気付けば12月。

もう一年が終わると思うと同時に、このバタバタ感をもってして師走を感じています。

そんな中、ノートカバーを新調したのです。いま使っているのは恐らく10年以上使っているのですが、いつ買ったか覚えてないくらい。とりあえず10年以上前に買ったノートカバーであることは確か。私はかなりのメモ魔で、「手帳」では無理。これは過去にシステム手帳なんぞを買って試してみたものの、書く面積小さいし、そもそも書きづらいという弱点があった。それで手帳代わりに「ノート」になったわけだが昔はスケジュールもこのノートで管理していたが、今はスケジュール管理はグーグルカレンダーを愛用している。

そもそも紙のスケジュールは常に持ち歩かないとならないが、グーグルカレンダーならスマホと連携できるので手帳を持ち歩かなくて済む。

便利な時代になったもんだとつくづく感じます。

それで以前使っていたノートカバーがこちら;

ここで「?」となった方もいるかと思います。何が変わったかわかりますかね?

実は;

サイズが変わりました♪

10年以上使っていたメモ用ノートのサイズを変えるのは正直なところものすごい勇気が必要でした。見開きでB4サイズは自由に書きやすい。ただ、キーボードの前に置いて使ったり、打ち合わせの時に広げるとちょっと邪魔だったりする。そして一番の理由は「持ち運びに不便」ということ。

私の場合、カメラバッグに機材と一緒に入れる場合が多いのだけど、B5はほんと入れづらいし邪魔。そしてわずかながら重い。

一方、A6の場合は見開きA4サイズなのでキーボードの前に置いても、打ち合わせの際にも邪魔にならない。

また、ノートカバーも今まで使っていたものでサイズ違いを奇跡的に見つけることができた。この色をどう思われるかは個人のセンスだが、なぜ私がこの色を選んだかというと、鞄の中にあっても存在感がある色(判別しやすい色)だから。

鞄の内側ってかなりの確率で「黒」なので、そこに黒いカバーだと見つけづらい。なので「黒以外」で視認性の高そうな色を選んだというわけ。

---

私のノート活用術は、原則「時系列」で書く。打ち合わせのときは端のほうに「日付と相手」を書いておく。一人の時、仕事上のToDoやアイデアは「日付」のみ。一切分類はしないことにしている。こうすると時系列で過去に遡れるので探すのが楽。また、このノートに情報が集約されているわけで、ある意味「日記」的な役目もある。

ただ、この「時系列管理」の場合、多少旧タイプのものから重要な部分を抜粋して、書き直すこともするのだが、それでも不安なので結局新旧の2冊を持ち歩くことになっている。

これはいささか想定外だった、、、、

 




「どうありたいか?」じゃないのかねぇ・・・。

久しぶりの更新です(苦笑)

なかなか更新する時間が無いというか、ネタが無いというか、それよりも数年前と異なり、私もいろいろと複雑な状況におかれているわけで、さほど自由に好き勝手言いづらい(書きづらい)感じではありますw

そんなことはさておき、本日のお題。

「やりたいことが見つからない」とか「将来どうなるか不安」と思っている方は多いと思います。また、いろんな事情で無職だったりニートだったり(同じだけどw)する方もいると思います。でも、これって別に無職、ニートに関わらず会社勤めしている人も同じじゃないかと思います。

少なくとも私がサラリーマンの時はそうでした。

その後、無職の期間(割と長い)もありましたが、違いは収入があるか無いかの違いだけです。「だけ」と書きましたがこの差は大きいのだけど・・・。

ただ、さすがに今の自分は経営者なので、「将来の不安」はあるものの「やりたいことが見つからない」ということは無いです。そのためだけに日々辛い思いをしています。要するにそんな日々の辛いことは「やりたいこと」の結果と比較したら「辛いこと<やりたいこと」だからやれています。

でも、普通はそんなことなくて、悶々としている方のほうが多いと思います。

それで私は今、偉そうにこんなこと書いてますが、ここに至るまではほんと厳しかったのです。まずはここをご理解頂きたい。

その上で言えるのは、自分が「どうありたいか?」を考えてみたら?ということです。

精神、肉体、気分、体調、なんでも良いです。目的や結果ではなくて、「どういう状況や環境にいたいか」ってことです。

あのね、「人生賭けてやりたいこと」なんて普通見つからないよw

私の父親は今76歳で床屋をやってるのだけど、2、3年前に私に言ったのが;

父:「俺さ、床屋向かないと思うんだよ。」

ちなみに父の床屋としてのキャリアは50年以上です。これ聞いたときに私は思わず;

私:「いい加減諦めろよ!」

と言いました(実話)。

要するに、人間なんて50年やっててもそれが「答え」だとは思わないんです。

なので「やりたいこと」なんてそんな難しいこと考えず、「どうありたいか?」を考えた方がずっと前向きです。

家族との時間を増やしたい、モテモテになりたい、お金が欲しい、なんでも良いのだけど、そのために必要なモノと今の自分の状況を比較してその「差分」を埋める努力をするんです。

例えば;

家族との時間を増やすために、「自分に足りていないモノは何か?」

モテモテになるために「自分に足りてないモノは何か?」

ってな感じ。そもそも「ゴールだけ」見えてても自分とそのゴールの「差」が分かってないとどうにもならないと思う。ただ、それって別に「やりたいこと」じゃないし、家族との時間が「今」増えたところでこの先どうなるかなんて分からない。「今」モテモテになったって、いずれ機能しなくなる(ここの解釈は想像に任せますw)のでモテモテになって人生終わりじゃ無い。

大切なのは常に「どうありたいか?」を自問自答し、そのために試行錯誤することじゃないか?と言うのが最近の結論です。

「最近」としたのはこの先違うことを思うかも知れないからですけどねw

ちょっと伝わりづらい文章になってしまいましたが、なんか伝われば幸いです。

ご参考まで、、、

 

 

 




上海出張 その7

前回の続きから

とりあえず無事に虹橋駅まで戻り安堵する。とりあえずトイレに行って用を足しに。

とりあえず「一歩前へ」みたいなことが書かれているのは万国共通・・・・、いや、そんなことが言いたい訳では無い。

この小便器「TOTO」と書かれている。

今回の上海出張で印象的だったことの一つに「便器」がある。公共の場所、大きなデパート、空港の便器はたいていが「TOTO」だったこと。これはとても興味深く感じた。TOTO頑張ってるじゃん!という気持ちもさることながら、思いの外「日本企業の進出」が目立っていた。上海という場所だからかも知れないがそれでも日本企業の進出はコンビニはもちろん、ユニクロ、大丸(百貨店)など、着実に進出している。

また「日式(要するに日本製とか日本式という意味)」はブランド力のある売り文句だったりもする。

中国にとって日本は必要不可欠な国の一つ。なぜなら中国人の消費欲求がハンパではないから。経済成長に伴い富裕層も出てきている。それは上海市内を少し歩けばすぐわかる。当然、国内では格差が拡大しており、これに関して中国国民の不満が噴出している背景もある。そのスケープゴートとして「領土問題」があるだけで、中国は隣接している国のほぼすべてと領土問題を抱えているのは周知の事実。

軍部の保身の結果とも言えるのだけど、そうじゃなければ日本人が中国本土に出入りしたり、貿易ができるわけがない。いま、中国は「消費に飢えている」そんな感じ。そのために良質な商品やサービスが必要不可欠だと思う。

---

さて、そんな話はさておき、ホテルに戻る。ただ、戻ったところで夕飯の策が無い。結局、出張最終日もケンタッキーへ。

前日食べた、ご飯のお弁当みたいなのが買いたかったが、時間が遅く、ご飯が無いということでこのタンドリーチキンみたいなのがパンに挟まれた奴を注文。

どうも上海に来てから酒も夕飯もビミョーだよなぁ。この頃すでにキンキンに冷えたビールが飲みたくて仕方なくなっている。

就寝。

---

起床。

やっと帰れるという気持ちが先に来る。ストレートネックの具合も悪いし、戻ってから山積している作業のことを思うとテンション下がる。そうは言っても最後だし、ホテルの朝食を。

今日も同じ(苦笑)

でも、なんだろうね、ほぼ毎日食べているし、これがもう食べられないと思うとちょっと悲しくも思った。順応するのが早いというか、郷には入れば郷に従うのが旅のルール。

そうは言ってもどうも全体的にバランスがよろしくないw

不味い訳じゃ無いのだけどね。お粥とチャーハンに焼きそば、そして揚げパンというのはいささか腹持ちが良すぎるというかね。

他にゆで卵や果物(と言ってもスイカ)があるのだけど、どうも食指が伸びず・・・。

いざ、空港へ。

---

空港着いた頃には疲労困憊がピーク。写真を撮る気力も無いw

そもそも虹橋空港は免税含め対して面白い物が無い。タバコとお土産用にちょっとしたお菓子を買ったくらい。「ご当地ポッキー」が売られていたので買おうかと思ったのだけど、小箱が6個入っているフカヒレ味とかいうので1,800円もする。観光地の写真の入ったキットカットで1,500円とか。馬鹿らしくて買う気力なし。

それで検査場通るときに100円ライター没収されるのだけど、空港の喫煙所にこんなのがあった。

一瞬何かと思ったけど;

ああ、なるほど・・・、と。それにしても鍵のかけかたが厳重w

それで国際線なので二時間近く搭乗口付近で待つのだけど、なんせ物価が高い。喉が渇いたので何か飲み物でも買おうかと思うも、500mlのエビアンが400円する。私の庶民的な経済感覚では買う気にならず。もうひたすらタバコ吸ってスマホをいじりながら時間を潰す。

そして飛行機に搭乗し、機内食が出てくる。行きは我慢したが帰りなので飲み物は当然「ビール」だ。

海外へ行くのにJALを使ったのは初めてだったのだけど、このビールがキンキン!

最後の気力を振り絞って写真を撮ったがその後、このビールは「一瞬」にして飲み干したw

ツマミもあるし、至福の瞬間だった。当然ビールはおかわりした。あまりに呑むのが早すぎて、そのあとCAさんに「もう1本どうですか?」と勧められる始末w

帰ってから仕事があるので2本で我慢したけど、「キンキンのビール」は世界に誇れるよ。こんなに冷えたビール飲めるの日本くらいだろう。

そして無事帰国。グッタリ。

---

四泊五日という旅程で上海へ行ったけど、もし観光で行くなら7月とか8月はお勧めしない。理由は単純で天候が不安定。ほぼ東京と同じ気候と思っていて良いと思うのだけど、中途半端な雨がけっこう旅行者にとっては面倒かも。例年、展示会が7月開催なのでそれに合わせて行くことになるのだけど、次回行くなら寒くても11月あたりが良いな、とは思った。

あと、羽田から三時間ほどなので、「海外行った感」がかなり薄いw

ご参考まで。。。。

(おしまい)

 

 

 

 

 




上海出張 その6

この日は日帰り出張。なぜわざわざ帰国日の前日に割とリスキーな予定を入れてしまったのかといささか後悔。

というのも、今回行く場所は高速鉄道で二時間ほどの場所だが、駅が空港からとても近く、着いたその足で行くのがスマートだったようにも思ったのはすべての段取りしてからだった。リスケするのも面倒だと思っていたらついに「当日」になってしまった、というわけである。

---

とりあえず起床する。

そもそも私は朝が早い。ホテルの朝食は7時からだが、いささか食傷気味。あいにく天気は悪かったがとりあえず散歩がてら近所をウロウロ。

ただ、歩いたところで新しい発見は無い。朝の6時前だが庶民的な食堂は開店していた。上海の朝は早いようで、これは気に入った。

結局のところ前日のケンタッキーフライドチキンまで歩いた。ちなみにケンタッキーフライドチキンは朝6時から営業しているようだ。ただ、6時前なのでやっていない。するとこのビルは「長距離バスターミナル」だったらしく、朝から人で賑わっている。

この人たちはいったいどこからどうやってここまで来たのが分からないが、大きな荷物持っている。すると路上でなにやら食べ物を売っている屋台があった。

「屋台」というほどの体裁はなっていないし、小汚いw何か焼いて売っているので見ると、昨日食べられ無かった「中華風クレープ」を売っていた。しかも揚げパンも一緒にあるのでここならセットで買えそうだ。

すると若いカップルが買っているのを見よう見まねで買ってみる。揚げパンと湯葉の揚げたような奴が選べるのだが、後者の「湯葉っぽいなんか」を頼む。「頼む」と言っても終始「指一本」でしか会話していない。

するとこのお母さんが赤いタレみたいなのを見せて「これ入れて大丈夫か?」みたいなジェスチャーするので「OK!」サイン(これも指)を出す。

ただ、値段が分からない。こういうときは持っているありったけの小銭を両手に持って差し出す。すると隣のお父さん(夫婦経営らしい)が指五本出したので「5元らしい」ことが分かったので払う。その間もお母さんは慣れた手つきで作っている。最後にクルッと巻いて二つに割ると、お父さんがビニール袋を出してそこにホイッと入れる。

なかなかの連携プレー。それで渡されたのが;

(ピンぼけ失礼<(_ _)>)

けっこうアツアツで食べると旨いし食感も中のサクサクと外側のしっとりとして生地の食感が良い♪濃いめの辛口だが、玉子がマイルドにしている。そしてやっぱところどころに「パクチー」が入ってて、このパクチーが良い。

これ旨かったな。

---

駅には早めに行くことに。

すでにチケットは取ってきてあるので駅に行ってホームへそのまま行けば良いだけ。チケットは当日でも手に入れることはできそうだが、混んでいると買えないことがあるらしいし、長蛇の列に並ぶ羽目になる。もし、高速鉄道を使うなら事前にチケットは手配しておくのが良い。

駅に着くも改札のあるフロアへなかなかたどり着けない。一度来たことがあるはずだが相変わらず広すぎてよく分からない。やっと見つけたエスカレーターはかなり端のほうだった。

相変わらず広いというかデカいのだが、これくらいの広さが無いと春節の帰省ラッシュに対応できないんだろうけど。

改札のあるフロアに着くと、手荷物検査を受けてそのまま改札へ。高速鉄道はそれぞれの改札があるのだが、飛行機さながらに改札前で並ぶ。

↑この写真の真ん中あたりが改札で、その前にいる人たちは「並んでいる人たち」である。私は一等席だし指定席だと高をくくっていたが、そんなの全く関係ない。ちなみに座席のランクは、二等、一等、ビジネス、と3クラスあった。ビジネスクラスはシートがフラットになるという噂を聞くも、値段が一等席の倍ほどするのでパス。

この日は月曜日なんだが人が多い。大荷物の人たち多数。

車両の雰囲気は「日本の新幹線」とソックリ。座席に着くと;

これまた新幹線のグリーン席とソックリ。ただ、一等席だからといって乗客の品が良いかと言えばそんなことはなく、携帯でガンガン喋ってる人、泣き叫ぶ子供など普通にいる。これが二等席なら本当に面倒くさそう。

出発すると乗り心地もまた新幹線ソックリ。けっこう快適である。ただ、所要時間は分かるものの、降りる駅がどのあたりか分からないので寝ることはできない。しかも、この高速鉄道は比較的時間通りに運行していると聞いていたが、この電車は30分ほど遅延したのでますます混乱する。

途中検札で乗務員の女性が回ってくるが無愛想だし、英語も通じない・・・。どれくらい時間がかかるか聞きたかったのだが・・・。

その後もいろいろすったもんだありながらなんとか到着。

すでに到着時刻を30分以上過ぎていた。

---

降車してまず感じたのはとんでもなく遠いところに来たなぁ、という不安w

天気の悪さも相まって不安感が募る。

着くと改札で担当者と社長さんが迎えに来てくれていた。

とりあえずランチでもということになり、レストランへ。

連れて行ってもらったレストランは何も無いところにポツンとある感じだったがここは旨かった。会食なので写真撮れなかったけどどれも美味。社長さんに勧められてライチのお酒を頂く。

これ旨かった。ようするに「ライチ酒」みたいなもんだけど、アルコール度数が12度ほどなので日本の「梅酒」なんかの果実酒に近いんじゃないかな。かなり飲んで上機嫌。

食後は会社に行って見学やら商談。内容はヒミツ。

---

早めに終わったので駅まで送ってもらうも次の電車まで三時間ほどある。担当者に悪いので一人で時間つぶそうと思ったが、何も無いし、車で10分ほど行ったところにショッピングモールあるからそこで時間潰しなよ、ということでショッピングモールまで送ってもらう。

送ってもらったものの、スタバやケンタッキーなんかのある割といろんなものがあるにはあるが、すぐ飽きてしまった。天気はよくないものの、まあ、さほど雨脚も強くないし、タクシー捕まえるのも面倒。そんなわけで歩くことに。

所要時間約50分くらい。けっこうあるな。

それで不運なことに10分も歩いた頃から雨脚が強くなる。けっこうな土砂降り。それでも引き返すのは面倒なのでひたすら歩くことにした。

どうせ止むだろうと踏んでいたが、完全に裏目に。雨脚は強まる一方。もう写真撮るどころの状況では無い。

たまたま迷い込んだ裏道を歩いていたが、やはり大きな通りが歩きやすいだろうと大通りを歩くことにしたがこれが大誤算。

片側四車線の幹線道路だが「歩道が無い」道路だった。

途中まで来て残りの20分ほどをこの道を歩くことに。車やバス、そしてトラックがバンバン横を通り過ぎる。当然歩いているのは私だけ。ここでもし轢かれても助からないだろうな、という道路。歩きながら注意すべきは前では無く「後ろ」だ。時々後ろを振り返りながら土砂降りの中を歩いた。駅に辿り着く頃には疲労困憊。

上海滞在最終日にして最大の修羅場だったよ・・・・。

---

上海行きの新幹線を待つ。待っていると向こう側のホームに止まっている車両が見えたのだけど・・・・、

写真では見づらいが、「どこ走ってんだ?」というくらいにとても汚い。おそらく黄砂なんだろうけど、う○こまみにれも見えなくも無い。こんなのに乗ってここまで来て、そして帰るとはねぇ。

数年前は想像しなかった光景。人生なんてどこでどうなるかわからない。

もう疲れもピークだし、さっさとホテル戻ってシャワー浴びたくて仕方なかった。雨で濡れたおかげでズボンもTシャツも臭いし・・・。

---

帰りの車中。隣の若い女の子がKindleで電子書籍読んでいた。

上海に来てから興味深かったのはタブレットはもちろん、Kindle持ってる人多いんだよね。携帯電話なんてみんなスマホだし。

そして二時間ほどかかって虹橋駅に戻る。

すっかりあたりも暗い。これですべての旅程を完了することができて安堵。

(続く)

 

 




上海出張 その5

老西門を後にし、とりあえず外灘エリアに向かって歩く。歩くとどれくらい時間かかるか分からないが、iPhoneとwifiを持っているので道を間違えようがたいした問題では無い。とりあえず漠然と「それと思われる方角」に向かって歩くのみ。

途中、また雨が降り出してくる。

そういやずっと歩きっぱなしだし、首と肩甲骨のあたりが痛む。しばらくしたら雨が弱くなるかも知れないので、適当な場所で休憩することに。

するとなにやらファッションビルというか、小さなデパートみたいなところを見つけたので入ることにした。中には軽食を食べられるようなお店もある。フードコートとはちょっと違うな、なんていうんだろうな、こういうの。

鯛焼きとたこ焼き売ってたりもした。

値段を見ると鯛焼きで200円くらい、たこ焼き(?)で400円以上はしているので日本とそんなに変わらない。ちなみに言うと上海市内では探せば「日本の物」はたいてい揃うと思う。一方、あまり見かけないのは「トヨタの車」だった。

それで建物の中をぶらぶらしていたらスタバを見つけた。ちなみに円安の影響もあって上海のスタバは日本より高い。そんな日本より高いスタバにチャレンジすることに。

それでスタバの場合、相手もよく分かっているので辛うじて英語で対応してくれる。

日本と同じカフェラテのショートで27元(620円)だった(確か)。日本でも行かないスタバだけど、「授業料」と思って入ってみた。ただ、このお店は日本でも見かけるオープンスペースなので、全く関係ない人たちが「休憩所」として使ってたり、勝手にコンセント使って充電だけして帰る強者もいた。この辺はお国柄。

小一時間ほど休憩し(それくらい居座らないと損した気分になるわい)、とりあえず外に出て一服する。

まだ、微妙に雨が降っている。急ぐ理由は無いので中に戻ってトイレに行くことに。ちなみに上海の公衆トイレ、商業施設のトイレ、「大」をもようした場合は紙は個室内に用意されてません。そのため、入り口に「紙」の自販機があるところが多い。

私は買わなかったですが、買っているのを見ていると「え?それで足りる?」みたいな量でした。日系のデパートなんかは入り口に大きなロールがあって、個室入る前に必要量を自分で取れるスタイルもありましたが、基本的に「紙は持参」したほうが良い。1元くらいなのでケチることもないけど、以外と一元硬貨を出すのが面倒なので持ち歩いた方が良いと思う。

---

それにしても歩いているといろんな露店というか屋台を見かける。

こちらとしては興味津々ながら、物欲しそうに見つめるも相手にされない、というか、目も合わせてくれない。こればかりは仕方ない。

でも、そこそこお腹が空いているのは確か。

---

前日と同じ場所に到着。天気のせいもあるかと思うが、夜より人が少なめ。やっぱ夜景を観に来るところなのかなぁ、と。

そして、確かに「地味」だ・・・・;

時間はあるし、せっかくなので「向こう側」に行ってみることに。

地下鉄でも行けそうだが、歩いても行けそうなので歩いて行くことに。ただ、橋があるにはあるらしいがよく分からない。ひとまず歩くことに。

生の牛肉売っているのは良いのだけど、気温も湿度もけっこう高いんだけど大丈夫なんだろうかねぇ、、、

すると気になる店を見つける。

おそらく、「牛肉を餅的な何かで包んだ食べ物」であろうことが分かったのでおそるおそる近づく。

商材は2つ、そして値段も書かれている。これはまさに「一本指話法」が通じるタイプのお店ではないか!

ということで、「一本指」だけでオーダー!そしてゲット!

これね、旨いんだよ♪牛肉をカレー風味に炒めた奴をピロシキにした感じというか。2.5元(60円弱)という値段もグッド♪そうそうこういうのが食べたかったんだよねぇ。

外側は揚げ焼きな感じで、中は肉汁ドバドバ系っていうの?wビールが欲しくなる・・・。

いやー、テンション上がったわ。ただ、こういうのは全部食べきらず半分くらいで捨てる。なぜなら、旅行者にとってこれはまだまだ「通過点」だから。

やっとそれっぽくなった。

---

以前、市内は電動バイクが多いと言うことは書いた。この界隈にはそうした電動バイク向けに有料充電器が設置されていた。

これでちゃんと充電できるのかいささか疑問なたたずまいではある・・・。

それにしても相変わらず人もバイクも車も「道路」というだけで何事も無く成立している。まあ、危なければクラクション鳴らすだけだけだし、「人間優先」という感じでも無い。誰かが偉いというよりは、各自自己責任的な印象も受ける。

この後もいろいろ歩き回るが結局「徒歩で渡れる橋」が分からず、地下鉄で対岸へ行った。

---

こうして見ると高いけど、「だからどうした?」感が否めない。でも、この一体は水族館もあるしけっこうな「観光地」らしい。

東京で言うところの「品川」みたいな感じかなぁ。

そして水族館前は人だかりで全く興味沸かず・・・。

その後も適当にぶらぶらしてみる。

なんというか単なる高層ビル群というくらいで面白くは無い。やはりここは対岸から夜景を見るのが良い。

それにしてもスッキリしない天気だ。上海行くなら7月は避けた方がいいかもなぁ。

この場を後にし、地下鉄2号線に乗ってLongyangRoad(漢字分からず)まで一気に移動。

---

位置的にはここからかなり南に位置し、ホテルまで地下鉄の駅で5駅ほどの郊外へ。なぜここに行ったかというとこれといった理由は無い。むしろガイドブックにも載っていない、未知なるエリアだから、という程度の理由。

降りて適当に歩いていると駅前でなにやら催し物をやっている。これが何の催しなのかなんぞ分かるわけも無い。

とりあえず数軒の屋台が出ているし、日曜日ということもあってかそこそこ賑わっている。ただ場所柄かさほど人は多くない。するとなかなかよさげな串焼きを売っている店があった。「羊肉」と書かれている。

現地の若者やカップルが買っている。見ているとこちらも「指さし話法」だけで買えそうなので頼んでみる。とりあえずお金払ってしばし待つ。

大串は4本、小串は8本。どちらも値段は同じ。大串を頼んだ。

焼いているのを見ているとけっこうな量のスパイスを振りかけている。焼いているこの兄ちゃんは特に愛想が良いわけでも無く、淡々と作業する。雰囲気としては中国のテキ屋と言った感じ。焼き上がるとダイレクトに串を渡される。

それなりに食べ応えあるのだけど、脂身が多い。ちなみに「羊肉」と書いてあったが味は完全に「豚」だと思う。不味くは無いけど、脂っこいので半分だけ食べて残りは捨てた。ちなみに現地の人たちでも全部食べる人少ない様子。

ひとまずホテル方面に向かって歩くことに。

---

道を塞ぐようにして、荷台にゴミ満載にしたおじさん二人。このそばにゴミの集積所みたいなところがあったのだけど、こういうおじさんってホームレスなのかなぁ・・・。でも、こういう光景を見たのはここだけだった。

日曜日だからなのか、時間帯がそういう時間帯なのか、やってない食堂も散見。ただ、このあたりは中心部と違って閑散としている。

なんというかベッドタウン的な場所なんだろう。

道を一本隔ててマンション街と畑という光景。

郊外と言うこともあってかかなり大規模なマンションも建築中だったりした。上海市内はいたるところで建設中の光景が目立った。

一方、失敗したものも多々見かけた。

ここはまだ取り壊したあとに整地されていたけど、けっこう失敗した商業施設なんかは「そのまま放置」されているところが少なくなかった。

このあと一時間ほど歩くも疲れていて写真撮る気力無くなるwそして、さほど面白い光景も無い。

地下鉄の駅を見つけるも、どうせなら歩いてもさほど時間はかからないのでそのまま歩く。それにしても今はスマホがあるから便利になった。その昔、携帯(ガラケー)は持ち歩いて海外に行ったが、「自分の位置」とか「目的地までの距離」なんて方位磁石と地図で睨めっこしながらやってたもんなぁ。旅のスタイルが明らかに変わってることを実感。

---

ほどなくしてホテルのそばまで辿り着く。晩飯をどうするか考えるもホテルのそばにはファミマとかくらいしかない。だったらということで途中で見つけたケンタッキーへ立ち寄る。

一日二度もケンタッキーとは皮肉な感じ。

ただ、メニューは日本のものとは違った。とりあえず面白そうなのを持ち帰りホテルで食べることに。ファミマでビールも買って準備万端。

久しぶりに食べるサラダが嬉しかった。それにしても上海のケンタッキーには「ご飯」がある。チキンもフライドチキンでは無くタンドリーチキン風な味。これけっこう旨い。フライドチキンのような高カロリーな感じは無く、これなら日本でもウケそうなメニューだ。

途中で寄ったファミマではサンドイッチとビールを買った。上海のコンビニは微妙に違いはあれども日本人が行っても違和感少ない。サンドイッチは日本のものとおんなじ。

---

翌日は高速鉄道(新幹線)で日帰り出張なので早めに寝ることに。

(続く)

 

 

 

 

 

 

 




上海出張 その4

完全に予定の無い一日。

ただ、ストレートネックの症状が悪化し、肩甲骨に激痛が走る。常に痛いわけではないが、やはり辛い。かといって、一日ホテルで過ごすのも勿体ない、かと言って行く当ても無い、というなんだかおかしな状況。ひとまずホテルの朝食を食べてから考えることに。

すでに代わり映えしないと言いますか、「ああ、はいはい。」みたいな。そろそろ「生野菜」が食べたくなる。別に不味いわけではなく、単に「飽きている」だけである。ひとまず、食事も終え、とりあえず身支度も済ませ、ホテルのロビーでタバコ吸いながら熟考。

ちなみに天候は不安定で外は雨。。。

・・・、それでいつも旅先では必死に歩き回るのだが、「今日はゆっくり歩き回れば良いじゃん。」とふと思う。

まあ、仕事で来ていて、たまたま一日空いてだけだし、無理に動いて体調を崩す必要は無い。適当にどっか行って、面倒ならホテル戻れば良い、そう思い出かけることに。

---

まずは老西門(Laoximen)へ。古い町並みが残る場所として地球の歩き方に紹介されており、まあ、そうなんだー、くらいの気分。ただ、到着そうそう微妙に雨が降ってるし、無理しない一日を決めていたのでどっか入って休憩することに。ひとまず目に入ったケンタッキーフライドチキンへ入る。

けっこう混んでいるが、とりあえず座ることはできそうな雰囲気。そこでテレビCMで見た「パニーニ」をオーダー。英語が通じた、というか、店員のおばさんが辛うじて「英語でコミュニケーションをとることを拒絶しない人」でラッキーであった。

これで17元(380円ほど)だったかな。日本と値段変わらない。それより熱いコーヒー(これも日本で飲むのと同じ味)が久しぶりでうれしかった。

コーヒー飲みながらこの次どうしようかなぁ、と考えつつ店内を見回す。家族連れが多い。若い夫婦にその子供、そして爺ちゃん婆ちゃんといった組み合わせ。「一人っ子政策」の臭いを感じる光景。そもそも中国の「一人っ子政策」は食糧問題に起因する。すでに高級食材の値上がりは中国人富裕層が原因と言われているが、人口が増えることで食料輸入国に転じたら大変なことになるのは想像がつく。

それにしてもこの人たちは「列」を作らないねぇ、、、老若男女、容姿問わずw

---

雨も止んできたので外に出る。まずは目に付いた家電量販店に入ってみる。

時間が早かったせいか、特に客がいるわけでもなく、相変わらず店員さんたちがスマホの画面と睨めっこしてる感じ。声をかけられてもこちらはサッパリわからず。

---

店を後にし、信号待ちをしていると・・・・、

「セグウェイ」だと思うんだけど、、、なんかニセモノっぽくも見える・・・・、ここは中国なので深く考えるのはやめた。

ひとまず地図を頼りに老西門の「それっぽいエリア」を目指して歩く。それにしても天候が不安定。雨が降ってみたり止んだり。天気予報をチェックしていたけどなかなかな気まぐれ感のあるお天気。小雨くらいなら傘をささない人も周囲に多数いるからやはりそういう天気なのだろう。

歩きながら感じるのは古い建物も多いけど、建設中の建物も多い。

いたるところけっこうな高層建築というか、日本では見かけないよう高層マンション風の住居があちらこちらにある。中国のマンションは「水回りが弱い」というのは聞いていたけど、昨今のマンショは大丈夫なのかねぇ。。。

---

もう慣れたけど、赤信号にもかかわらず車道で渡ろうとする人あり、よく分からないけど長蛇の行列アリ。

補足すると、中国では車側の信号が赤でも、「人がいなければ右折可(アメリカやカナダと同じ)」なのだけど、人がいても来るので注意が必要。基本的に「車のほうが偉い」のです。向かってくる車はブレーキかけずにクラクション鳴らして突進してきます。私は夜にホテルのそばの横断歩道渡っているときにバスが突進してきて逃げました。ちなみに交差点には民間の警備会社の警備員が立ってましたが「知らん顔」でした。

---

さて、適当に歩いてそれっぽいエリアに到着する。明らかに「観光地ではない空気」を感じる。

とりあえず何も考えず小道を進むことに。

途中で気になる露店を見つける。

中国のクレープ的な「何か」のようだけど、こちらとしてはどういう風に買うのか分からない。しばらく観察していると、待っている女の人が持っている揚げパンをこのおばちゃんに渡し、おばちゃんは野菜とか香辛料を入れて焼いた生地にその揚げパンを乗っけてクルッと巻いてヘラで真ん中を切って袋に入れていて完成らしかった。

要するに「巻くための揚げパン」をどこかから調達する必要があるようだ、ということはわかった。

ただ、こちらは完全にアウェーだし、言葉も通じないし分からない。この露店のおばちゃんをしばし見つめるも声をかけられることもない。仕方なく歩を進めることに。

すると先ほどの「揚げパン」だけを売っている店を見つける。

(写真左)ただ、いくらなのか分からないし、あちらとしてはこちらと関わりたくないオーラをちらほら出している。

こういうローカルフードが旅の醍醐味なのだが、さすがにシステムが複雑すぎるなぁ、と・・・。看板見てもイマイチよくわからんし・・・。

テーブルあるから食堂的なお店とも思えるのだがねぇ。後ろ髪引かれる思いで歩き続ける。

歩いていると雑貨屋らしく店の前に、懐かしいというか、中国らしいと言うか、いろんなものがごちゃ混ぜになった遊具を発見する。

もういろんなキャラクターが大渋滞している感が否めない。そこで爺ちゃんに連れられた孫が楽しそうに遊んでいる光景がなんとも微笑ましかった。

---

とりあえず当てもなく、ただ歩く。歩いていればそのうち地下鉄の駅が出てくることはすでに経験則として知っていた。

途中、食堂も散見される。

こうして看板観てもなんのことやらさっぱり。。。

さらに歩き続ける。

曇り空だからなおさらなんだが、どうも薄暗い。いささかスラムっぽい感じがしなくもない。

一応、道路標識なんかがあるのだけど、いささか治安のよろしくない臭いを感じる。ただ、若い女の子が普通に一人で歩いているので大丈夫なんだろう。

すると自転車屋らしき店(?)の前で「修理してどうする?」みたいな自転車を修理していた。

---

このあと、地図を見ると前夜行った外灘エリアまでさほど遠くないことがわかり、昼間の外灘エリアを観に行くことに。

(続く)