十数年ぶりにノートカバーを新調したはなし。

ここのところバタバタし過ぎていて、ふと気付けば12月。

もう一年が終わると思うと同時に、このバタバタ感をもってして師走を感じています。

そんな中、ノートカバーを新調したのです。いま使っているのは恐らく10年以上使っているのですが、いつ買ったか覚えてないくらい。とりあえず10年以上前に買ったノートカバーであることは確か。私はかなりのメモ魔で、「手帳」では無理。これは過去にシステム手帳なんぞを買って試してみたものの、書く面積小さいし、そもそも書きづらいという弱点があった。それで手帳代わりに「ノート」になったわけだが昔はスケジュールもこのノートで管理していたが、今はスケジュール管理はグーグルカレンダーを愛用している。

そもそも紙のスケジュールは常に持ち歩かないとならないが、グーグルカレンダーならスマホと連携できるので手帳を持ち歩かなくて済む。

便利な時代になったもんだとつくづく感じます。

それで以前使っていたノートカバーがこちら;

ここで「?」となった方もいるかと思います。何が変わったかわかりますかね?

実は;

サイズが変わりました♪

10年以上使っていたメモ用ノートのサイズを変えるのは正直なところものすごい勇気が必要でした。見開きでB4サイズは自由に書きやすい。ただ、キーボードの前に置いて使ったり、打ち合わせの時に広げるとちょっと邪魔だったりする。そして一番の理由は「持ち運びに不便」ということ。

私の場合、カメラバッグに機材と一緒に入れる場合が多いのだけど、B5はほんと入れづらいし邪魔。そしてわずかながら重い。

一方、A6の場合は見開きA4サイズなのでキーボードの前に置いても、打ち合わせの際にも邪魔にならない。

また、ノートカバーも今まで使っていたものでサイズ違いを奇跡的に見つけることができた。この色をどう思われるかは個人のセンスだが、なぜ私がこの色を選んだかというと、鞄の中にあっても存在感がある色(判別しやすい色)だから。

鞄の内側ってかなりの確率で「黒」なので、そこに黒いカバーだと見つけづらい。なので「黒以外」で視認性の高そうな色を選んだというわけ。

---

私のノート活用術は、原則「時系列」で書く。打ち合わせのときは端のほうに「日付と相手」を書いておく。一人の時、仕事上のToDoやアイデアは「日付」のみ。一切分類はしないことにしている。こうすると時系列で過去に遡れるので探すのが楽。また、このノートに情報が集約されているわけで、ある意味「日記」的な役目もある。

ただ、この「時系列管理」の場合、多少旧タイプのものから重要な部分を抜粋して、書き直すこともするのだが、それでも不安なので結局新旧の2冊を持ち歩くことになっている。

これはいささか想定外だった、、、、

 

No related posts.

facebook comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>